本文へスキップ

↑この部分にマウスを合わせると、メニューが表示されます

こどもの読書週間・読書週間標語募集




2017 こどもの読書週間・読書週間 標語募集!


2017年 第59回「こどもの読書週間」と第71回「読書週間」の標語を募集します。

応募要項

(1)標語案 どちらも、読書の豊かさ、奥深さ、楽しさ、有用性などを新鮮な感覚で表現した未発表のもの。「こどもの読書週間」標語は、子どもの読書を念頭にご応募ください。
(2)応募用紙 官製はがき、A4判ファックス用紙、メール
応募作品のほか、応募者氏名、住所・郵便番号、電話番号、メールアドレス(あれば)、職業、年齢を明記してください。
(3)応募作品数 「こどもの読書週間」「読書週間」ともに、ひとり3作まで応募可。返却はいたしません。学校など団体での応募は、ある程度の下選考をお願いします。(入選作の版権は公益社団法人 読書推進運動協議会に帰属します)
(4)締切 2016年11月15日(火) 必着
(5)賞 「こどもの読書週間」「読書週間」それぞれに、賞を用意します。▼入選(1作)図書カード1万円分、標語として採用▼次点(2作)図書カード5千円分▼佳作(20作前後)図書カード2千円分
(6)発表 このホームページにて12月中旬以降に発表します。入選・次点までは『読書推進運動』1月発行号紙上にも掲載予定です。
(7)送り先 〒162-0828
東京都新宿区袋町6(日本出版クラブ会館内)
公益社団法人 読書推進運動協議会
「こどもの読書週間」標語係 または 「読書週間」標語係
(どちらへの応募か明示してください)
・FAX03-5229-1560
・メールアドレス=
 件名は「こどもの読書週間標語応募」、または「読書週間標語応募」としてください。

2016「こどもの読書週間」標語募集 結果

入選(1点)
図書カード
1万円

 

「四角い本に まあるい心」 落合正子さん

〈作者のことば〉
子どもたちが元々持っている無邪気でまんまるな笑顔、そして本を読みふわっと温まる心を「まあるい」と表現してみました。
たくさんの本とふれあって優しい心がずっと続きますように。また、子どもだけでなく大人も、絵本でまんまるな気持ちになって癒されてほしいです。

次点(2点)
図書カード
5千円

「さあ行こう 本は僕らの遊園地」 福本類さん
「どきどき☆どくしょ」 小澤美沙季さん

佳作(18点)
図書カード
2千円

佐藤雅己さん、加藤真珠美さん、増田玲子さん、堀米紫さん、
小川宗也さん、高橋和子さん、羽生直人さん、沢田真紀さん、
中咲博和さん、永山真由美さん、鎌田佳昭さん、松本玲奈さん、
上田麻祐さん、中村佑美さん、矢吹美智子さん、大賀早希さん
2016「読書週間」標語募集 結果
入選(1点)
図書カード
1万円 

「いざ、読書。」 増井俊資さん

〈作者のことば〉
本を選ぶのは楽しくもあり、むずかしくもあります。好きな作家・ジャンルあるいは装丁など、何度も目移りしながらようやく選んだ一冊は、はたして自分を震えさせてくれるのか。それは読んでみないとわかりません。満を持しての1ページ。いざ、読書。
次点(2点)
図書カード
5千円
「感動の栞をココロにはさめ」 大島裕さん
「本とスクラム、読書にトライ」 小野島健太さん
佳作(19点)
図書カード
2千円
山室秀之さん、山口隆昌さん、石黒美和子さん、栗田暁さん、
守屋絵奈さん、油井悠さん、増田玲子さん、矢沢寛さん、
半澤敦子さん、小川宗也さん、福本類さん(2点)、清水博也さん、
土屋和靖さん、鈴木伸次さん、畠山栄浩さん(2点)、高橋由香里さん、
杉田麻美さん、柴田裕美さん


ナビゲーション

↑この部分にマウスを合わせると、メニューが表示されます