本文へスキップ

↑この部分にマウスを合わせると、メニューが表示されます。

野間読書推進賞


 読書推進運動協議会は、1971年度(昭和46年度)より、読書推進賞(1985年度より「野間読書推進賞」と改称)を設定して、地域・職域・その他において長年読書推進運動に貢献し、業績をあげられた個人および団体を顕彰しています。
 この賞は、講談社社長・故野間省一氏より、1969年(昭和44年)に当協会の社団法人設立を機に基本財産として金1千万円、1979年(昭和54年)に講談社創業70周年を記念して金1千万円を、さらに1987年(昭和62年)に同80周年を記念して金2千万円の寄付を受け、その基金を中心にして贈呈するものです。
 毎年、初夏の頃に各都道府県読進協など全国より受賞候補者の推薦を募り、厳正なる協議ののち受賞者を決定、読書週間中の11月上旬に東京の出版クラブビルにて賞贈呈式を挙行します。

野間読書推進賞 賞牌


2014年度 第44回野間読書推進賞 受賞者

2020年9月14日(月)の選考委員会において、第50回「野間読書推進賞」が受賞者が決定いたしました。
●団体の部

賞状・賞牌
副賞(30万円)  
世田谷親子読書会
(東京都世田谷区)
「これまでになかった日本の現代児童文学作品を子どもたちに出会わせたい」との願いから、1968年発足。現在、幼児から高校生、それ以上の同じ学年の子どもたちからなる13例会で構成され、例会ごとに原則月1回の活動をしています。地域の図書館職員、その他利用団体と意見交換を行い、地域での読書活動推進の基礎も築いてきました
おはなしの木
(宮崎県宮崎市)
宮崎県内実演活動の先駆けとして、1986年設立。図書館だけでなく、宮崎県立宮崎病院小児病棟でも30年以上、読み聞かせやストーリーテリングを通じて、子どもたちに本を読む楽しさを伝えています。県内読書活動の推進、読書ボランティアの育成にも積極的に関わっています。宮崎県から初の受賞です。
●第50回記念
 特別賞

賞状・賞牌
副賞(10万円) 
三島読書グループ
連絡協議会
(愛媛県四国中央市)
1964年発足。四国中央市三島図書館を拠点に「お互いに学び合い、磨き合い、共に向上したい」と市読書活動研究大会の主催、市内・愛媛県内での講演活動、講師を招いての読書講演会、交流を深める研修活動と幅広く活動してきました。朝の読書が市内全小中学校で実施されるきっかけを作り、市内保育園保護者を対象としたおはなし会の開催など、地域の読書活動の貢献に努めています。

2020年度の贈呈式は11月6日に出版クラブビルで開催いたしました。
新型コロナウイルス感染症対策として、例年の半分以下の規模、出席者には検温・マスク着用・手指の消毒をお願いのうえ、贈呈式のみでの開催ではありましたが、受賞者・推薦者が野間会長、選考委員のみなさんと交流を楽しみました。

機関紙『読書推進運動』637号で、受賞者業績を詳しくご紹介しています

2020年度 贈呈式(2020年11月6日 出版クラブビルにて)

 
2020年の受賞者および関係者のみなさんと
読進協・野間会長、野上選考委員、秋本選考委員、黒木選考委員、齋藤事業委員長
マスク着用での賞贈呈は
今年ならではの光景
賞状には受賞者の業績が
記されています
世田谷親子読書会 代表
工藤知子さん
おはなしの木 副代表
前野麻美子さん
ソーシャルディスタンスに配慮し
座席間を広く取りました
開式前の会場で野間会長をかこむ
受賞者・推薦者
 
出版クラブライブラリーでの
記念撮影
おたがいの活動を紹介しあう
工藤さんと前野さん