本文へスキップ

↑この部分にマウスを合わせると、メニューが表示されます。

野間読書推進賞


 読書推進運動協議会は、1971年度(昭和46年度)より、読書推進賞(1985年度より「野間読書推進賞」と改称)を設定して、地域・職域・その他において長年読書推進運動に貢献し、業績をあげられた個人および団体を顕彰しています。
 この賞は、講談社社長・故野間省一氏より、1969年(昭和44年)に当協会の社団法人設立を機に基本財産として金1千万年、1979年(昭和54年)に講談社創業70周年を記念して金1千万円を、さらに1987年(昭和62年)に同80周年を記念して金2千万円の寄付を受け、その基金を中心にして贈呈するものです。
 毎年、初夏の頃に各都道府県読進協など全国より受賞候補者の推薦を募り、厳正なる協議ののち受賞者を決定、読書週間中の11月上旬に東京の日本出版クラブ会館にて賞贈呈式を挙行します。

野間読書推進賞 賞牌


2014年度 第44回野間読書推進賞 受賞者

2015年9月8日(火)の選考委員会において、第45回「野間読書推進賞」が受賞者が決定いたしました。
●団体の部

賞状・賞牌
副賞(30万円) 
特定非営利活動法人
岩手点訳の会
(岩手県)
点訳図書の作成、点訳講習会の開催などに尽力。百科事典、古文書類なども点訳しており、その技術の専門性の高さは高く評価されています。
藤井寺市ボランティアサークル
おはなしころりん
(大阪府)
ストーリーテリングを中心とした実演活動は、市内すべての幼稚園・小学校から依頼を受けています。乳幼児向け絵本リストの発行と配布など、市民への情報提供も。
●個人の部

賞状・賞牌
副賞(20万円) 
西村 惠美子さん
(青森県)
家庭文庫の開設以来、市図書館と協力しての子どもの読書推進活動、組織を立ち上げての読み聞かせボランティアの育成など、幅広く活躍されています。
野々上 律子さん
(大阪府)
「吹田市子どもの本連絡会」「大阪府子ども文庫連絡会」など、多くの団体の中心として活躍。関西の子どもの本い関わる人々有機的に結びつけてきました。
●奨励賞

賞状・賞牌
副賞(5万円) 
こころにミルク編集部
(広島県)
毎号ことなるテーマで、児童文学案内雑誌『ガイドページ』を発行、配布。本の内容紹介だけでなく、広い視点で児童書の魅力を伝えています。

受賞者の業績は、機関紙「読書推進運動」577号(2015年12月15日発行予定)に詳しく掲載します。

2015年度 贈呈式(2015年11月5日 日本出版クラブ会館にて)

 
2015年の受賞者および関係者のみなさんと
読進協・野間会長、笠原選考委員、小峰選考委員、酒川選考委員
あいさつする野間会長 受賞者業績を記した賞状が授与されます
笠原選考委員に点字用具を紹介する
岩手点訳の会 横澤忠さん(右)
おはなしころりんの細木紀美子さん(左)
岸田好美さん(右)。中央は松岡享子さんです
受賞者あいさつでこの40年の歩みを語る
西村惠美子さん
野々上律子さん(中央)と
浜田桂子さん、とよたかずひこさん
   
 こころにミルク編集部・小竹さん(左)は
パーティー会場でも『ガイドページ』を紹介
今年はこれまでの受賞者も多数参加。
遠く沖縄からご参加の喜納勝代さん(左)